学生寮

概 要

苫小牧高専の学生寮は、
 男子寮を蒼冥寮(そうめいりょう)
 女子寮を楓和寮(ふうかりょう)
といいます。
 「蒼冥」には「限りない宇宙」という意味が、
 「楓和」には「紅葉も美しい自然の下で人の和を大事にする」
という意味が込められています。

 本校の学生寮は、寝食の場というだけではなく,共同生活を通じて協調性や自立心を高め,大きな志と豊かな社会性を持った人間を育むことを目的としています。
 蒼冥寮は4つの棟からなり,約300名の男子寮生が生活しています。男子寮生は各居室に2~3名が同室し(高学年の一部は個室),共同生活をしながら勉強やクラブ活動に励んでいます。
 楓和寮では約60名の女子寮生が1つの棟で生活しています。女子寮は個室ですが,多目的ホールを使い共同生活の楽しみも味わっています。また、防犯カメラ・指紋照合システムと居室非常用ブザーその他のセキュリティシステムを備えており,安全には万全を期しています。

 4・5年生は全員が指導寮生であり,寮生会活動の中心となるとともに,低学年寮生の面倒を見ています。また、寮担当の教職員として5人の寮務教員,3人の事務職員,3人の女子寮寮母がおり,11名で2つの寮の管理運営と寮生指導を行っています。なお,夜間や休日は教員1名,警備員1名が当直しています。