舟口 智

「蒼冥男児パート2」

舟口 智
(物質工学科 第1期生)
室蘭市立東明中学校出身
勤務先:北興化学工業(株)北海道工場 品質保証課

011_01

蒼冥男児パート1(KJ)の結婚式にてクールビズにて感動のスピーチ中の筆者

 初めまして。早いもので卒業して8年が経過しようとしています。私も現在は結婚し、仕事もそれなりに、いやかなり(言い過ぎか?)活躍し後輩も増えてきて、忙しくも充実した日々を過ごしております。ふと思い返すと今でも高専で過ごした5年間は私の人生において一番大切な思い出であり、現在の私の人間関係・人格を形成するにあたり貴重な時間であったと思います。その中でも特に「寮生活」というものはこの作文の中では書ききれないほどのたくさんの出来事や思い出がありますが、この5年間の寮生活を通じて知り合った仲間は私のかけがえのない財産であり、彼らなくして現在の私は無いと思います。
 そんな仲間達も現在では全国各地にて活躍しています。3年ほど前に卒業して5年目、という事で大規模な同窓会を有志にて行いましたが、卒業してもみんないい意味で全然変わっていなく、安心したと同時に仲間の大切さを改めて感じさせられました。
また、寮生活では様々な音楽と出会えたことも私の中ではかなり大きなポイントでした。寮には個性豊かな仲間がたくさんいて、それぞれ趣味も違えば考え方も違い、もちろん聴く音楽もみんな違うので、それまでBOOWYしか知らなかったような私がロック・ヒップホップ・レゲエ・R&B・ジャズ・パンク・スカ等実に多種多様な音楽に触れ合う機会を持てた事は非常に自分にとっては大きなことでした。決してタ○ーレコードの回し者では御座いませんが、「NO MUSIC、NO LIFE」であると思います。
 最後になりますが、学校での生活でも寮生活においても、もちろん現在の仕事にしてもそうですが、やはり1度きりの人生ですので「楽しく前向きに」考え、まずは「行動」する事が大事だと思います。冷たいようですが、楽しめるかどうかは「自分次第」だと思います。 なんとなく書いていると「これから高専を受験しようか迷ってる人」に向けたメッセージのようになってしまいましたが、少しでも参考になれば幸いです。迷わずにまずは行動し、皆さんがいい仲間に出会い、素晴らしい学生生活を送れるよう祈っております。
 次回は30歳になったときに、卒業して10年目の記念の同窓会が待っています。企画してくれる人募集中です。(前回企画しましたが予想以上に大変でした(涙)。)

以上

011_02
左上:「蒼冥男児パート1&2の若かりし頃(約13年前)」
右上:「蒼冥男児達・退寮間近で別れを惜しみ涙で枕を濡らした思い出の写真」