お知らせ

「アジアの学生の高専体験プログラム」を開催しました

2013年08月12日(月)

news2013081201

8月5日(月)から8月9日(金)までの日程で、本校が実施担当校となって「平成25年度アジアの学生の高専体験プログラム」を開催しました。

このプログラムは国立高等専門学校機構留学生交流促進センターの主催で、日本の高専生活をアジアの青少年に体験させ、高専への留学意識を涵養することを目的として行われるもので、今回が4回目の開催となります。

参加者は8月5日、新千歳空港に集合し、苫小牧市役所に岩倉市長を表敬訪問した後、本校学生寮に入寮しました。6日(火)の開会式、7日(水)9日(金) の「ものづくり体験授業」、8日(木)の見学旅行など、これというトラブルもなく日程を消化し、10日(土)朝、全員無事に本校を離れました。本校関係者 ばかりでなく、苫小牧市役所、見学をお引き受けくださった旭イノベックス北広島工場など、関係各位の御尽力によって充実したプログラムを実施できました。

参加したアジアの学生、教員からは、本校のプログラム運営を高く評価されました。またアジア各国に対して高専の存在をアピールするという目的は充分達成されました。

本校ウェブサイトの特設ページ(英文)上にてプログラムの模様を紹介しております。

関連URL:http://www.tomakomai-ct.ac.jp/information/asian.php#act

news2013081203news2013081202

ニュージーランド研修から帰国しました

2013年08月12日(月)

news2013081204

ニュージーランド、ネーピア市のイースタン工科大学(EIT)で研修を実施した苫小牧高専と旭川高専との合同学生派遣団は、8月11日(日)夜、予定通り新千歳空港に帰着しました。

本校が平成18年度から実施している派遣事業ですが、昨年度から道内高専の連携事業として実施することとなり、今年度は本校学生21名に旭川高専の学生7名、各校の教員1名ずつ、さらに本校の職員1名も加わって、総勢31名という大規模な海外派遣になりました。

二週間の滞在中、EITでの語学研修、地熱発電所や農場の見学、ネーピア市の小学校での「海外出前実験教室」など、予定の研修を順調に実施しました。

本校では近く報告会を開催して、学内に研修の成果を披露する予定です。なお8月末には函館高専、釧路高専の合同派遣団もEITに赴くこととなっております。

とまこまい港まつりのポスターに御注目ください

2013年08月01日(木)

8月2日からはじまる「第58回とまこまい港まつり」のポスター画は、本校物質工学科5年、安部智香さん作の「楽しい港まつり」です。

切り絵の技法で、花火大会を背景に御輿やマーチングバンドが繰り出す様子を色鮮やかに描きました。

港まつりにお越しの際は、ポスターにも御注目ください。