お知らせ

ニュージーランドの小学校で科学実験の出前授業を実施しました

2017年09月05日(火)

 2017年9月5日(火)、ニュージーランドで語学研修中の学生18名(3年生15名、4年生3名)が、現地の小学校で科学実験の出前授業を実施しました。ホバークラフト体験、飛行機が飛ぶしくみ、液状化の原理、浮沈子などについて、イラストを使ったり、クイズを取り入れる等、工夫しながら英語で説明を行いました。子供たちの反応もよく、大成功に終わりました。

書道部が紙フェスティバルで書道パフォーマンスを披露しました

2017年09月05日(火)

書道部が9月3日(日)にグランドホテルニュー王子で行われた第30回紙フェスティバルで午前と午後の2回、書道パフォーマンスを行い、それぞれ4作品ずつを書き上げました。
大きな筆と色分けした絵の具を塗った箒を使った作品、文字でトンボを描いた女子学生による秋らしい作品、4m四方の紅白の紙に四文字熟語を豪快に書き上げた男子学生の作品、自作の金屏風にその場で秋の風景を描き、そこに3首の和歌を書いた作品、3m×6mの大きな紙に全員で詩と文字を崩した絵を描いた作品など、どれも道具やレイアウトに工夫を凝らした作品を披露し、来場者から大きな拍手をいただきました。

学生海外派遣:香港への出発

2017年09月04日(月)

 2017年9月3日(日)、苫小牧高専の学生4名(5年生3名、専攻科2年生1名)が、香港と深圳での海外研修に参加するため、新千歳空港から出発しました。
 学生たちは香港にある香港高等教育科技学院(THEi, Technological and Higher Education Institute of Hong Kong)と深圳の複数の日系企業での研修を受けます。THEiでの研修の他、香港や深圳で科学技術が実際に活用されている現場での研修を受けます。香港で学生たちは学生寮からTHEiに通い、深圳では日系企業の施設に宿泊します。派遣学生と引率教員は9月12日(火)に帰国予定です。

安平町立追分中学校でロボットとプログラミングに関する出前授業を行いました

2017年09月04日(月)

 8月23日(水)に安平町立追分中学校の3年生を対象とした出前授業を実施しました。テーマは「ロボットとプログラミング」で、中学の技術・家庭科において学ぶマルチメディアの活用やプログラミングと計測・制御などへと繋がるプログラミングの基本的な概念について解説した後、実際に「ET(“Embedded Technology”=組み込み技術)ロボコン」で使用されているものと同じロボットによる動作デモンストレーションが行われました。
 デモンストレーション用のロボットは、テーブルの上に広げられたコースの黒いラインを、カラーセンサによりトレースしながら進むようプログラミングされながらも、トレースの仕方によってわずかに異なる挙動を見せながら進む2台が用意されました。
 参加した生徒からは「興味をもてた」「実際にロボットを動かしてみたい」との声が多く寄せられました。
 本テーマにつきましては、8月下旬~9月上旬と2月下旬~3月上旬が対応しやすくなっておりますので、技術・家庭科の授業での情報技術関連の内容にご関心のある中学校の皆様におかれましては、本校の出前授業を活用してみてはいかがでしょうか。
※ETロボコンのHPはこちら

12