電気電子工学科

快適な生活を支え未来の可能性を広げる<電気電子工学>

私たちが生活する上で、電気はエネルギー源として欠くことができません。

例えば蛍光灯の光エネルギー、モーターの力学エネルギー、冷暖房機器の熱エネルギーなど色々な形で利用されています。

一方、携帯電話、コンピュータの普及など現代の情報化社会は、ICや光ファイバに代表されるエレクトロニクスや通信技術によって支えられています。これらエネルギー・制御・、エレクトロニクス、情報・通信の分野は、電気電子工学を基礎としており私たちの家庭生活、文化、交通、経済、医療などのあらゆる面に応用されています。

アドミッションポリシー

電気電子工学科では、一般や専門の基礎科目のもとに、エネルギー・制御、エレクトロニクス、情報・通信などの幅広い分野の勉強をします。このため、次のような人の入学を歓迎します。

  • 電気エネルギーや、ロボットなどに興味がある人
  • 電気電子工作に興味がある人
  • 情報通信のしくみに興味がある人

電気電子工学科では基礎理論から勉強を始めます。

電気電子工学科では、技術者として幅広い分野に対応できるように、オームの法則などの基礎理論から勉強を始めます。そして、「エネルギー・制御」、「エレクトロニクス」、「情報・通信」のそれぞれの分野において、専門的な学習により知識を深めます。

また、低学年のうちからコンピュータの実習や電気電子実験を通して、一人一人が学習内容に沿った技術を身に付けることができます。最終学年では、各自が1年間、1つのテーマに取り組み、その成果を論文にまとめ、発表します。