物質工学科

物質工学は私たちの生活にとても関わりの深い学問です。

私たちの生活は化学技術の進歩によってとても便利になりましたが、その一方で環境汚染やエネルギー・資源の枯渇などの問題が生じています。そのため、環境に配慮して安全かつ豊かな生活を送る上で有用な物質をつくり出す技術者が必要とされています。

そのような技術者を育成するために、物質工学科では物質をその構造や組成、合成、製造、そして物性の面から捉え、それぞれに必要な専門知識や技術を習得するとともに、多面的視点から問題解決に取り組む能力と豊かな教養を身に付けるための教育がなされています。

アドミッションポリシー

物質工学科では、化学を利用して、私たちの生活に役立ち、環境への影響も考えた物質をつくりだす「化学技術者」になりたい人を歓迎します。

  • 身の回りにある材料や生物の「なぜ?」に興味を持っている人
  • 理科や数学が得意で、実験が好きな人
  • 新しいことに仲間と協力しながら積極的に取り組むことができる人

物質工学科ではこんなことを学びます。

1~3年生では、物質工学の基礎を学ぶとともに、分析・解析・合成の基本技術を習得します。座学はもちろんですが、コンピュータを使った演習なども行われます。

4年生では、材料化学コースと生物化学コースとに分かれます。材料化学コースでは、無機材料及び高分子材料の実験を通して、材料化学の知識を深めます。生物化学コースでは、いわゆるバイオテクノロジーに関する基本的な知識と技術を習得します。

5年生では、5年間の勉学の集大成である卒業研究に臨みます。学生一人ひとりがそれぞれ違った研究テーマに取り組み、それに応じたきめ細やかな指導がなされます。