奨学金制度

奨学金制度について

(独)日本学生支援機構奨学生

 人物・学業ともに特に優れ、かつ健康であって、経済的理由により著しく修学に困難があり、(独)日本学生支援機構奨学生(以下「機構」という。)の奨学金の貸与が必要であると認められる者に対し、選考のうえ奨学金が貸与されます。
 また、機構では、高等専門学校に進学後、奨学金を希望する人「予約採用候補者」(中学校の第3学年に在学し、高等専門学校へ進学希望を持っている人で、特に優れた資質を有し、経済的理由により修学の困難な人)を対象に、進学前に予約採用候補者の募集も行っております。詳しくは、在学中学校の進路指導の先生か、苫小牧高専学生係までお問い合わせください。

(1) 貸与月額(採用年度によって異なります。)

奨学金の種類 通学区分 1~3年 4年 5年 専攻科
第一種奨学金 自宅通学 21,000円 45,000円 45,000円 45,000円
自宅外通学 22,500円 51,000円 51,000円 51,000円
第二種奨学金 3万、5万、8万、10万、12万から選択

(2) 奨学金の種類([ ]内は対象学年です。)

奨学金の種類 採用の種類 募集時期 貸与始期 貸与終期
第一種奨学金
(無利子)
[全学年]
定期採用 4月下旬 4月 卒業予定年月
緊急採用 随時 4月を限度に事由
発生月以降
事由発生年度
の3月まで
第二種奨学金
(有利子)
[4年以上]
定期採用 4月下旬 4月~9月の間で
希望する月
卒業予定年月
応急採用 随時 4月~3月の間で
希望する月
卒業予定年月

緊急採用および応急採用とは、家計支持者が失職・病気・風水害等による家計急変の場合に申し込むことが出来ます。

(3) 採用までの手続き
 4月に申込説明会を行います。その際に申込書等の書類を受け取り、期日までに学生係へ提出してください。
 申込書提出後、選考委員会で機構への推薦者を決定し、機構が推薦者の審査を行い、採用を決定します。

(4) 貸与中の手続き
 奨学金は原則として毎月1回、銀行・信用金庫の普通預金口座へ振り込まれます。
 また、毎年度12月頃、奨学金継続願を提出し、奨学生適格認定を受けなければなりません。
 なお、休学、退学、連帯保証人変更等の異動があった場合は、速やかに異動届等を提出しなければなりません。

(5) 貸与終了後の手続き
 奨学金の貸与が終了した者は、保証人・連帯保証人と連署のうえ返還誓約書を提出しなければなりません。
 返還金は後輩達に貸与される奨学金の資金なる重要なものですので、定められた期間内に必ず返還してください。

その他の奨学生(地方公共団体等)

 地方公共団体、民間育英団体等の奨学金制度がありますが、これらはその団体の所在地の出身学生を対象とするものが多く、出願・採用時期等も異なり、その多くは本人が直接手続をする必要があります。
 なお、育英団体から学校に推薦依頼があった場合は、その都度掲示によりお知らせします。
 奨学生に関する事務は学生係で取り扱っていますので、学校の推薦を必要とする学生並びに採用になった学生は、学生係へ申し出てください。

★ 問い合わせ先
〒059-1275 北海道苫小牧市字錦岡443
苫小牧工業高等専門学校 学生課学生係  電話 0144-67-8032