地域共同研究センター

地域共同研究センター開設までの沿革

本校は、国立の工業高等専門学校として昭和39年に設置された高等教育機関であり、「実践力のある開発型技術者の養成」に加え、「地域社会に開かれた高専」 を大きな柱に掲げております。地域産業界との連携を促進するために、平成5年度より「技術開発相談室」を設置、さらに平成8年度より内部組織の改組により「地 域協同センター」として運営してより充実した対応を取って参りました。そして、平成12年度に「地域共同研究センター」が新設されるとともに種々の最新鋭の 機器が設置され、より一層地域社会の技術・情報分野の核として機能するセンターとなりました。

地域共同センターの活動内容

地域共同研究センターは、地元産業界をはじめとする地域社会の各層との交流、協力関係の促進を図ることを目的として設置されております。

次のような事項についての事業を担当しております。

  1. 共同研究、受託研究等による研究開発協力
  2. 各種試験、分析等の受託
  3. 技術指導、技術相談
  4. 蓄積された研究成果の情報提供
  5. 地域産業向け専門分野の公開講座の開催
  6. 講習会等への講師派遣