キャリア教育プログラム

 本校での取組を紹介します。(取組の様子の一部は、「キャリア教育センターニュース」にも随時掲載しますので、そちらもご覧ください。)

平成28年度
1学年(丸数字は科目「創造工学Ⅰ」の「キャリアデザイン」の取り組みです。)
①4月14日 キャリアガイダンス
 高専入学までのキャリアに関する学習をグループワークで振り返り、キャリアの意味や高専でのキャリア学習の見通しや進め方などを理解しました。

〇5月13日 コミュニケーションゲーム
 宿泊オリエンテーションの一日目に、コミュニケーションゲームを通して人間関係形成能力の一端を知り、共同作業を通して学年全体の一体感を得る体験型学習を行いました。

②5月19日と26日 自己理解(スタディーサポートによる学習分析)
 本校のデータを基に、グループでマグネットシートを活用して分析した後、ベネッセ職員の講話を聞いて、本校や自己の学習の特徴を理解し、学生個々の学習への意欲を高めました。

③6月9日 コミュニケーション演習から将来の夢を語る
 マンツーマンのコミュニケーション方法を理解して話しやすい雰囲気を作り、「将来の夢」をペアで語り合って、夢の実現を中心としたライフプランを構想しました。

④7月7日 自己理解「職業と自分」
 「職業レディネステスト」を通して、様々な職業の種類や関連性を知るとともに、職業適性などに関する自己理解を深める学習を行いました。

⑤7月14日 「自己理解(身につけたい力)」
 自己分析を通して自己理解を深めながら、本校で身につけたい力を概念化し、今後の高専での学習や生活の改善点を考える学習を行いました。

⑥9月29日 「身近な職業人インタビュー」
 夏季休業期間に課題として学生が取り組んだ「身近な職業人インタビュー」の内容を発表する活動を通して、わかりやすく伝える力を身につけるとともに、様々な仕事のやりがいや今後の夢、抱負などを知ることで、自己の職業観・勤労観を考える学習を行いました。

⑦10月27日 「キャリアパス講話」
 高専卒業生である(株)I・TECソリューションズの住岡様、(株)トートー事務機の山口様の講話を聞き、今後の高専での学習への意欲を高めるとともに、自己のこれからのキャリアやありたい姿を思い描く学習を行いました。

⑧12月8日 座談会「ジョブトーク」
 苫高専の協力会や同窓会の協力を得て18名のアドバイザーをお招きし、職業人との座談会を通して、グループで役割を果たすことを学ぶとともに、高専での学習の価値を見出しながら、将来の仕事や生活を展望する学習を行いました。

⑨1月19日 セルフチェックとペアワーク
 本校で身につけたい力について、7月14日実施した自己分析からの変化を数値的にとらえて学習の成果を把握するとともに、ペアワークで説明しアドバイスし合う交流の活動を通して、今後相互に高め合う雰囲気を醸成しました。

⑩1月26日 キャリア・スタディー・レビュー
 各学生が、前回のセルフチェックの結果などで把握した1年間の学習の成果を、作文の形で文章化するとともに、教員との面談を通して相手に言葉で伝えることにより、自己の成長を確認し、2年次以降の系の学修への意欲を喚起する取り組みを行いました。

   

2学年(主にホームルームの時間を活用して取り組んでいます。)
〇6月24日~7月12日 キャリアデザイン講話(第1回)「職業を考えよう」
 各学級のHRの1時間を使って、これまでのキャリア学習を振り返るとともに、キャリアアンカーの自己分析などを通して、職業観などについて学習しました。

〇11月22日 キャリアデザイン講話(第2回)「『社会』とのつながりを考える~租税教室」 
 各学級のHRの1時間を使って、室蘭税務署税務広報広聴官の森輝義氏による講話を通して、納税者の立場から社会の一員としての自覚を高め、社会における自己の役割を考察する学習を行いました。

〇1月23日~24日 キャリアデザイン講話(第3回)「選挙権から『社会』とのつながりを考える」
20170201-01 各学級のHRの1時間を使って、投票年齢の引き下げを踏まえ、苫小牧市選挙管理委員会事務局の講師による出前講座でグループワークや模擬投票などを行い、有権者の立場から社会の一員としての自覚を高め、社会における自己の役割を考察する学習を行いました。

   

3学年(主にホームルームの時間を活用して取り組んでいます。)
〇6月28日~7月19日 キャリアデザイン講話(第1回)「勤労の義務と労働の権利」
20160801-07 各学級のHRの1時間を使って、厚生労働省北海道労働局雇用環境・均等部指導課の土谷啓二郎氏から、労働基準法や正職員とアルバイトとの違い、働く際の留意点などについてのお話しをいただきました。

   

〇11月8日 キャリアデザイン講話(第2回)「企業研究の進め方」
 各学級のHRの1時間を使って、北海道労働局苫小牧公共職業安定所職業相談第2部門学卒支援担当の海老浩道氏から、進路意識を高め、将来の仕事をイメージするため、企業の情報を収集する方法など企業研究の具体的な進め方についてのお話しをいただきました。

〇12月6日・13日 キャリアデザイン講話(第3回)「ワーク・ライフ・バランスから考える職業観・勤労観」
 各学級のHRの1時間を使って、苫小牧市市民生活部男女平等参画課課長補佐の林巧氏から、将来の自分のライフプランや自己の職業観・勤労観を考えるために、男女共同参画に関する現状と課題や、ワーク・ライフ・バランスなどについてのお話しをいただきました。

   

4学年
20160801-08〇7月12日と14日 インターンシップ事前研修会
 専攻科1年生と合同で、二日間で計182名が参加し、ジョブカフェの丹羽雅美氏キャリアアドバイザーから、インターンシップの心構えや留意する点などについてのお話しをいただきました。
 
 
20161104-01〇10月11日 進学ガイダンス
 35名が参加し、平野専攻科長から本校専攻科の案内や5人の先輩学生から受験体験談などのお話しをいただいた後、個別懇談の中で、先輩への質疑応答や相談などが行われました。
 
 
20161104-02〇11月1日 就職ガイダンス
 専攻科1年生や本科3年生も加えて66名が参加し、マイナビの曳田英里奈氏から就職活動の心構えと進め方のコツについてお話しをいただいた後、3人の先輩学生から就職試験体験談をお聞きしました。

   

5学年
〇7月19日と20日 社会人準備講話(第1回)消費者被害防止に関する講演会20160801-09
 専攻科と合同で、希望者計41名が参加し、苫小牧市消費者センターの松崎敬二啓発部長から、トラブルに巻き込まれない賢い消費者になるための参考になるお話をいただきました。

 
 

〇12月7日 社会人準備講話(第2回)年金セミナー
20170201-02 専攻科と合同で、希望者計62名が参加し、日本年金機構苫小牧年金事務所国民年金課の高橋ひとみ氏と鈴木有紀氏から、日本の年金制度の仕組みや学生納付特例制度など、「しっておきたい年金のはなし」をお聞きしました。

   

女子学生
20160801-10〇7月29日 メイクアップ教室
 本科4年生の女子学生9名が参加し、メナード化粧品から3名の講師をお招きして、社会人の身だしなみとしての化粧の仕方の実習を行いました。

 
 

20160112-02〇1月10日 女子学生対象キャリアデザイン講座
 女子学生8名が参加し、3名の本校OGから「私のワーク・ライフ・バランス」と題して、職場での女性の活躍や、仕事と生活との両立などに関するご講演をいただいた後、座談会を行いました。

   

平成27年度(クリックすると表示されます。)