情報処理施設概要

情報処理施設概要

学術情報センター情報処理施設は、本校の情報処理教育や教育研究に資するための、学内共同利用施設として、昭和50年度から発足した電子計算機室を前身とし、教育メディア開発センター、情報処理センターを経て、平成15年4月から、現在の名称に変更されています。
当施設は、教育用電子計算機システム、及び校内ネットワークシステムを有しており、本校の情報処理教育や教育研究はもちろん、市民向け公開講座や苫小牧高専協力会の会員企業向けの講習会など、地域との協力活動にも、広く利用されています。

情報処理施設設備

施設名 利用目的
CPU室 教育用電子計算機や校内ネットワークシステムを管理、運用するためのサーバルーム
CAI室 情報処理関係の授業での利用、課題等でのオープン利用
演習室 実験、実習等の少人数での授業利用、メール、及びインターネットの利用
端末室 卒業研究、実験、実習等の少人数での授業利用、メール、及びインターネットの利用。
専攻科棟実験室 専攻科生用。授業、特別研究、メール、及びインターネットの利用
オペレータ室 管理・運用を担当する職員が常駐

年表

情報処理施設(施設・設備・機器)年表(PDF:89kbyte)

活動報告

平成26年度情報処理施設活動報告(PDF:51kbyte)


リンクは全てPDF形式ファイルです。閲覧、印刷にはAdobe Acrobat Readerが必要です。Acrobat ReaderはAdobe社から無料で配布されています。