平成20年度ニュージーランド派遣協力

平成20年度文部科学省「大学教育の国際化加速プログラム」に採択された、本校「実践的テーマによる国際産学連携CEの促進」事業の一環として、8月1日から8月18日までの日程で学生2名、教職員5名、苫小牧市企業技術者2名がEITに派遣されました。参加した学生及び教員代表から派遣の感想等を報告してもらいます。

「 ニュージーランド研修報告 」

情報工学科 助教 大橋 智志

eit2008001

EITにて
eit2008002

産業プロジェクト

私は派遣教職員の一員として8月9日から18日までの10日間、ニュージーランドのネイピア市にあるEIT(Eastern Institute of Technology)に派遣されました。
本研修に参加した学生に対する私の感想は、彼らの目的意識(英語環境での学習・生活を通じたコミュニケーションによる語学力の向上)が非常に高いことに驚きました。私が本校の学生だった頃には、「海外に出て勉強するぞ!!」といった気持ちは無かったと思います。もし本研修に参加していたらと考えると、目的は観光だけになっていたでしょう。研修中に学生と会話した中で、「僕は将来、海外で働きたい。」という言葉も聞き、私の学生時代と比べると国際的な視野が広い学生が増えている印象を受けました。
来年度も本校の語学研修制度が実施されると思いますので、学生の皆さんには、ぜひ参加することをお勧めします。

 

EIT派遣事業に参加して

電気電子工学科 助教 工藤 彰洋

eit2008003

EITスタッフへのインタビュー
eit2008004

専門スタッフとのミーティング

8月1日から18日までの期間、本校が実施するEIT(Eastern Institute of Technology)への派遣事業に参加しました。今年度は学生2名、教職員5名、さらに苫小牧市内の技術者2名で事業を進めました。私は赴任してから約1年と教員経験も浅いことから、不安いっぱいでの旅立ちでした。
今回の事業のメインはEITを紹介するホームページを作成することでした。そのために必要となる素材(写真、動画)にはEITの英語教員や学生へのインタビューが含まれます。私は主にコーディネータ役を担当しましたが、学生は緊張しながらもしっかりとインタビューしていたと思います。
ホームページ製作のための活動だけでなく、ニュージーランドの原住民であるマオリ族の方々との文化交流も開催されました。ここでは伝統的な歌や踊りを見させて頂きました。また、本校の参加学生が挨拶する場面があり、英語で立派なスピーチをしていたと思います。我々からのお礼として三本締めを披露しました。彼らはとても喜んでいたように思いました。
学生のホームステイ先の方々にはジンギスカンパーティを企画して頂くなど、たいへん親切にして頂きました。学生も我々もとても感謝しています。ただ、肉の量が日本のジンギスカンの3倍以上あり、これが本当の肉食なのだと実感しました。
また、ニュージーランド生活で素敵だと感じる事がありました。通りを歩いている時、たとえ知らない人であっても、少しだけ微笑む。それから挨拶の声をかける。これが彼らの日常の挨拶のやり方なのです。最近はあまり挨拶の声をかけることが少なくなっているように思います。日本でもこのような挨拶が日常にあれば良いと思いました。
最後に、赴任して僅かにも関わらず、海外での学生指導を含め貴重な体験をすることができました。この経験をこれからの教員生活に生かしていきたいと思います。また、今後も本校とEITとの関係が続く事を願っています。

 

ホームステイについて

情報工学科5年 高橋 紗彩

データ整理中

男性の踊り

今回のホームステイは2度目だったので、ホームシックになることも不安に思うこともありませんでした。今回、私がホームステイした先は非常に暖かい家庭でした。朝食・夕食は家族そろって食卓をかこみ、その日の出来事についてジョークを交えながら会話をしました。会話をしながら朝食をとるために多少早起きをしなければなりませんでしたが、毎朝楽しい会話を交わしました。休日はホストファミリーと買い物や、映画をみたり、友達と遊んだりしました。また、ホストファミリーのお友達と一緒に食事や、BBQパーティに参加したりなど、たくさんの人と関わり、英語を話す機会に恵まれました。
このような事を体験できるのでホームステイは英語を勉強する上で非常に役立つと思います。

 

「第二の母国ニュージーランド」

電子生産システム工学専攻2年 藤原 敬弘

撮影の打合せ

羊の毛刈り

「わからない…。まずい。」これが初めてホストファミリーに会ったときの感想でした。まったく英語を聞き取ることができず、焦りました。思ったことも言えず、やっと話した英語も伝わらず、どうにもならない状態でした。しかし、そんな自分にもホストファミリーの方々は優しく、わかりやすい英語やジェスチャーで伝えようとしてくれました。いつの間にかNZが自分の家のようになっていて、帰りはとても名残惜しかったです。NZで学んだことは数え切れないほどあります。英語はもちろんですが、自分の見てきた世界がどれだけ狭かったのか思い知らされました。ホストファミリーには「来年戻ってくるよ」と約束してきたので、今度は英会話を習得して、ホストファミリーとたくさん話したいと思っています。