お知らせ

長谷川特命准教授がバリアレスシティーアワード2017を受賞しました

2018年03月20日(火)

 平成30年3月10日、株式会社 丹青社(東京都品川区)本社にて行われたバリアレスシティーフォーラムにおいて、富山県南砺市の株式会社 松井機業のショールーム兼多目的スペース「shike lounge」のデザインで創造工学科 都市・環境系 長谷川特命准教授がバリアレスシティーアワード2017を受賞しました。
 バリアレスシティーアワードは、2015年に始まったデザイン顕彰で、車椅子使用者や旅行者に優しい空間の取り組みや提案に対して表彰されるものです。
 株式会社 松井機業は、日本で唯一現存する伝統産業「しけ絹」を製織している企業です。通常は一頭の蚕が一つの繭をつくるのですが、ごく稀に二頭の蚕が力を合わせて一つの繭玉をつくり出すことがあります。その繭玉からできる糸を織り上げたのがしけ絹です。
 長谷川特命准教授は、2010年から同社の展示会の空間デザインや、インテリア製品のデザイン・用途開発に取り組んできました。当初は、同社も既にある商材をどのように事業展開・販路を開拓していくかを模索していましたが、その過程で6代目見習いの松井紀子さんが「本物の良さを伝えていかなくてはならない」との想いから、桑を育てることから始め、自らが養蚕し、そこからとれるほんの僅かな生糸を実際に、地域のこどもたちに伝える活動を始め、現在では、本物の良さを求める来客を積極的に受け入れる地域活動を行っています。 
 このようにショールームとしてデザインしたスペースですが「しけ絹」の良さをひと目で伝えられるように極限まで空間をシンプルにし、壁一面をしけ絹の発光体にすることにデザインを集約したため、この多様なアクティビティーに柔軟に対応しています。
 長谷川特命准教授は、2015年度にも東海キヨスク株式会社のKIOSK(名古屋エスカ店)でも同賞を受賞しており、今後も株式会社 松井機業の製品開発や地域貢献活動に積極的に協働していくとともに、車椅子使用者や旅行者に優しい空間の取り組みを苫小牧市においても役立てたいと語っています。