お知らせ

モンゴル3高専の学生が本校で研修

2016年08月30日(火)

 8月20日(土)から6日間の日程で,モンゴル3高専の学生が本校都市・環境系で研修しました。研修を受けたのは,近年,モンゴルに相次いで新設された日本式高専であるモンゴル高専(IET),科技大付属高専,新モンゴル高専から3名ずつ合計9名の学生(1~3年生)です。新モンゴル高専の日本語教員のOyunbileg先生が引率されました。本校では都市・環境系の構造,コンクリート,水理学などの実験のほか,オープンキャンパスにも参加しました。また,千歳市防災教育施設や二酸化炭素の貯留試験を行っている苫東のCCS試験設備などの見学,株式会社タナカコンサルタントでの最先端の測量も体験しました。最終日には研修発表会が開かれ,本校の充実した設備などに触れられて有意義だったとの感想でした。どの発表も立派でしたが,とくに新モンゴル高専の3名の学生は,まだ1,2年生なのに,とても流暢な日本語で口頭発表して参加者を驚かせていました。学生たちは今回の研修に満足して帰国の途に着きました。
 なお,この研修は,科学技術振興機構の「さくらサイエンスプラン」の助成を受けており,本校都市・環境系と学生課の協力の下で実施しました。本校では9月1日からモンゴル高専教員の研修も受け入れる予定です。
20160830-220160830-0302160830-0420160830-0520160830-0620160830-0720160830-0820160830-0920160830-1420160830-1520160830-1620160830-1720160830-1820160830-1920160830-20