お知らせ

2017年度 精密工学会 北海道支部 学術講演会にて本校専攻科生2人が優秀プレゼンテーション賞を受賞いたしました

2017年09月05日(火)

 平成29年9月2日、北海道大学で開催されました2017年度精密工学会北海道支部学術講演会において、本校専攻科電子・生産システム工学専攻2年、澤畑圭佑君ならびに横山港君が優秀プレゼンテーション賞を受賞致しました。優秀プレゼンテーション賞は、今回、発表44件(全発表件数46件、うち企業からの発表2件)の中から、6件の発表者に授与されました。
 受賞した発表タイトルは、澤畑君が「CT 画像を用いた VR 技術による人体の解剖学的 3 次元構造教育支援アプリケーションの開発」で、初学者向けに3次元的な人体解剖構造の理解を容易にするための、没入型VR技術を用いたアプリケーションの開発とそのアプリケーション用のデータ処理に関する研究です。
 横山君の発表タイトルは、「ステレオビジョン処理 IP の FPGA への実装と物体検出に関する検討」で、農業機械での巻き込み事故防止に繋がる、FPGAとステレオカメラを用いた物体の自動検知装置開発に関する研究です。
 それぞれ、ポスターの前で、実際に開発した装置等のデモンストレーションを行いながら発表を行いました。優秀プレゼンテーション賞受賞者は3月に開催される精密工学会全国大会へも参加となり、今後のさらなる活躍が期待されます。