お知らせ

モンゴル高専でロボットプログラミングの授業を実施しました

2017年09月14日(木)

 2017年9月13日(水)、創造工学科 村本充教授、環境都市工学科4年 大頭芽衣さん、ゲーゲさん(モンゴル留学生)が、モンゴル高専でロボットプログラミングの授業を実施しました。
 受講者は、モンゴル高専 電気工学科の2年生で、2名チームで与えられた課題を解決するようなプログラムを作り、コンテストを行って各チームが作ったプログラムの性能を競い合いました。モンゴルの母国語はモンゴル語ですが、今回の授業は英語で説明を行いました。うまく伝わらないときはモンゴルに帰省中のゲーゲさんが通訳をしてくれたため、スムーズに授業を行うことができました。モンゴルの学生達はとても真剣に授業に参加し、プログラムの完成度を高めるためにもっと時間が欲しいと全チームが要望するほどでした。