お知らせ

長谷川特命准教授が苫小牧地方総合開発期成会のロゴ・シンボルマークと平成30年度・要望書をデザインしました

2017年09月25日(月)

苫小牧地方総合開発期成会より長谷川特命准教授にロゴ・シンボルマークのデザインが依頼されました。
苫小牧市,白老町,厚真町,安平町,むかわ町の東胆振1市4町が連携して、未来の苫小牧地方の礎を築いていくにあたり自分たちの活動を表明するシンボルマークをつくり、一致団結した活動を行っていきたいということでした。
ここでは、5つの個性ある色が輪をつくり、その輪が大きく育っていくことで、その輪郭がつくる図が星のようになることを意図しています。
そして、ロゴ・シンボルとともにデザインした平成30年度要望書は、8月に堀井学 衆議院議員,橋本聖子 参議院議員,藤井比早之 国土交通大臣政務官,菊池身智雄 国道交通省港湾局長,寺田直道 国土交通省鉄道局官房審議官,田村秀夫 国土交通省北海道局長他に直接に手渡されました。

長谷川特命准教授は、今後も地域貢献・社会貢献に積極的に取り組んでいきたいと話しています。