お知らせ

学生寮で入寮式・新入寮生歓迎会が行われました

2016年04月13日(水)

 平成28年4月5日(火)15時より、入学式に先立って本校学生寮において入寮式が行われました。第1学年男子56名、第1学年女子14名、第3学年へ編入する留学生3名、合わせて73名が入寮しました。三河寮務主事からの入寮許可宣言のあと、在寮生を代表して男子寮・女子寮それぞれの寮長が歓迎の言葉を贈り、新入寮生代表がこれからの決意を込めて宣誓を行いました。
 この日から新入寮生達は、それぞれの夢の実現のため、学習環境の整った蒼冥寮・楓和寮での生活をスタートしました。
20160413-120160413-220160413-320160413-4

 また、4月7日(木)には、新入寮生歓迎会を楓和寮は18時から多目的ホールで、蒼冥寮は19時から食堂で行いました。どちらも例年どおり寮長や指導寮生の挨拶、新入生の自己紹介等が楽しく行われ、楓和寮ではビンゴゲームなども楽しみ、盛会のうちに終了しました。
20160413-520160413-620160413-720160413-8

平成28年度入学式を挙行しました

2016年04月07日(木)

20160407-1
4月6日(水)、本校第二体育館において平成28年度入学式を挙行しました。
今年度の新入生は、創造工学科の1年生208名、3学年に入学する留学生3名、専攻科に入学する16名の、あわせて227名です。御来賓・保護者の見守るなか、入学許可、新入生代表(1年4組岩﨑君、環境システム工学専攻1年岩山君)による宣誓、黒川校長の式辞があり、御来賓の苫小牧市長岩倉様、苫小牧高専後援会会長青地様から祝辞をいただきました。
20160407-220160407-3

パンフレット「Women in Civil Engineering」を作成しました

2016年03月29日(火)

苫小牧高専環境都市工学科水元琴海さんと松尾優子准教授らは、高専で土木を学ぶ女子学生の就職活動に役立ててもらおうと「Women in Civil Engineering 女性技術者への道」と題する冊子を作成しました。仕事で苦労したことや産休・育休に関することなど、普段きくことのできない女性ならではのテーマについて、土木の世界で活躍する先輩女性技術者にインタビューした内容などを盛り込んでいます。

公財)NSKメカトロニクス技術高度化財団 教育助成金交付式に出席しました

2016年03月29日(火)

 去る3月18日(金)に、公益財団法人NSKメカトロニクス技術高度化財団の教育助成金交付式に本校創造工学科(情報科学・工学系)の吉村教授が出席しました。当助成は、高等専門学校の学生にメカトロニクス技術(Motion & Control)の本質を経験させることのできる、座学と実験・実習が連携、融合した教育を対象に行われているものです。本校での助成の対象となる科目は「創造工学Ⅱ」(創造工学科2年)及び「制御工学」(創造工学科5年)となります。

(公財)NSKメカトロニクス技術高度化財団のホームページはこちら

卒業式・修了式を挙行しました

2016年03月23日(水)

3月18日(金)10時より、苫小牧市民会館において第48回卒業証書授与式・第12回専攻科修了証書授与式が行われました。
教職員、御来賓、保護者各位の見守る中、本科卒業生162名、専攻科修了生21名が証書を授与されました。
授与式終了後にはグランドホテルニュー王子に場所を移して、祝賀会が開催されました。
20160323-520160323-6

苫東(苫小牧東部地域)視察見学会を実施しました

2016年03月23日(水)

 去る2月26日(金)に、北海道との包括連携協定に基づく事業として、学生及び教職員を対象とした「苫東(苫小牧東部地域)視察見学会」を実施いたしました。
 苫東(苫小牧東部地域)は近年産業の集積が進み、道内外から数多くの企業が進出してきています。しかし一方で、企業側から見て地域の学生や教育関係者には苫東地域が十分に認識されていないのではという思いもあり、学生と教職員の苫東地域への理解を深め、地場企業への就職率と、共同研究等の産学官連携の可能性を向上させるために実施されました。
 視察見学会は教職員向けのルートと学生向けのルートに分かれ、それぞれ別の企業へと視察に向かいました。
 100平方キロメートルを越える広大な地域をバスで移動しながら、普段訪れる機会のない企業の見学になりましたが、学生は「苫東にこのような企業があるのは知らなかった」と、新鮮な驚きを感じていたようでした。

・視察先一覧

コースⅠ(教職員ルート) コースⅡ(学生ルート)
苫小牧市テクノセンター (株)ダイナックス苫小牧工場
(株)Jファーム苫小牧工場 西田鉄工(株)北海道工場
(株)サニックスエナジー 明和工業(株)苫小牧工場

20160323-120160323-2
20160323-320160323-4

「道新みらい君・ウェルネット奨学金」感謝状贈呈式を行いました

2016年03月07日(月)

ウェルネット株式会社から1億円を拠出していただき創設した奨学金制度に関し,3月6日(日)に北海道新聞本社にて,ウェルネット株式会社代表取締役社長 宮澤一洋様に,道内4高専を代表して黒川苫小牧高専校長から感謝状を贈呈いたしました。
その後,公益財団法人北海道新聞社会福祉振興基金,ウェルネット株式会社及び道内4高専の関係者間で,今後の申請書類の手続等に関して確認しました。
20160307-120160307-2

20160307-520160307-4

20160307-620160307-7

御退職祝賀会を開催しました

2016年03月03日(木)

20160303-1
3月2日(水)18時30分からグランドホテルニュー王子にて,平成27年度をもって御退職なさる藤井清志特任教授及び廣川一巳教授をお招きして祝賀会を開催しました。
会場には既に退職された教職員の方も出席され,両先生を囲んで賑やかに歓談の時を過ごしました。

20160303-2

花束・記念品贈呈
20160303-3

退職の御挨拶(藤井特任教授)
20160303-4

退職の御挨拶(廣川教授)
20160303-5

お祝いの言葉(橋本教授)
20160303-6

お祝いの言葉(渡辺准教授)
20160303-7

お祝いの言葉(土門技術職員)
20160303-8

お祝いの言葉を聞き入る両先生
20160303-9

退場の御様子

本校学生が第1種電気主任技術者試験に合格

2016年02月29日(月)

 電気電子工学科5年川村悠太君が第1種電気主任技術者試験に合格しました。本資格は、全国の電力エネルギー関係の技術者が挑戦している最も難易度の高い試験です。一次試験受験者1563人のうち二次試験まで合格したのはわずか105人です。

詳細はこちら

「協力会会員企業合同研究会」及び「苫小牧高専教育・研究フォーラム2016」を開催しました

2016年02月09日(火)

 去る2月5日(金)に苫小牧市内のホワイトパークサンシャインにて「協力会会員企業合同研究会」及び「苫小牧高専教育・研究フォーラム2016」を開催いたしました。本事業は室蘭工業大学が申請し採択された「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」における本校の取組みの一部として位置づけられています。
 「協力会会員企業合同研究会」へは本校協力会企業から25社の参加があり、本科第4学年及び専攻科1年生の学生が地域の産業を知る機会として、様々な形でお世話になっている協力会会員企業の会社紹介を真剣に聞き入っている姿が見受けられました。
 「教育・研究フォーラム」では基調講演として、室蘭工業大学ものづくり基盤センター長である 清水 一道 教授をお招きし、「ものづくり・ひとづくり~人材育成による地域創生とイノベーション創出~」という演題でご講演頂きました。また、本校専攻科で実施している企業との共同教育について、専攻科1年生が成果発表を行いました。
 「協力会会員企業合同研究会」と「苫小牧高専教育・研究フォーラム」を同日に開催するのは初めての試みで、合わせて5時間を越える長丁場となりましたが「COC+」の目指す「北海道における雇用創出・若者定着」という目標に向けて、大変有意義なものとなりました。
20160209-120160209-2
20160209-320160209-4