お知らせ

サイエンス部が高文連全道大会で入賞しました

2015年10月15日(木)

 10月8日(木)~9日(金)に旭川で開催された北海道高等学校文化連盟第54回全道高等学校理科研究発表大会において、サイエンス部が口頭発表1件、ポスター発表2件を行い、「モデルロケットの尾翼の影響について」が優秀ポスター賞に選ばれました。他の2件も努力賞とポスター賞を受賞しました。

20151015-120151015-2

全国高等専門学校ロボットコンテスト2015全国大会出場決定!!

2015年10月14日(水)

○ 全国高等専門学校ロボットコンテスト2015全国大会出場決定
 平成27年10月11日(日)本校において開催された、全国高等専門学校ロボットコンテスト2015北海道地区大会で、苫小牧高専Aチーム(ロボット名:XYlert)が準優勝し、推薦チームとして、平成27年11月22日(日)国技館にて開催される全国大会への出場権を獲得しました。
 その他の成績は以下の通りです。

【優勝】  旭川高専A Orthrows
【準優勝】 苫小牧高専A XYlert
【アイデア賞】 旭川高専B -Umbrella-
【技術賞】 釧路高専A スロペクス
【デザイン賞】 函館高専B ブラックフープシューター
【特別賞(本田技研工業株式会社)】     釧路高専A  スロペクス
【特別賞(マブチモーター株式会社)】    旭川高専B  -Umbrella-
【特別賞(株式会社 安川電機)】      函館高専A  I wanna get
【特別賞(東京エレクトロン株式会社)】   苫小牧高専A XYlert
【特別賞(田中貴金属グル-プ)】      苫小牧高専B トマキャッスル
【特別賞(ローム株式会社)】        釧路高専B  はたらきリスとなまけリス

○全国大会出場校
優勝チーム 旭川高専A Orthrows
推薦チーム 苫小牧高専A XYlert

20151014-120151014-2

特例適用専攻科の学位授与申請説明会が行われました

2015年10月07日(水)

 平成27年10月5日(月),専攻科2年生及び指導教員を対象に,特例適用専攻科に係る学位授与申請に関する説明会が開催されました。
 学位授与に関する説明会は,今年度2回目となり,当日は専攻主任から資料に基づき,電子申請の具体的な流れや,学修総まとめ科目履修計画書をはじめとした基本情報の登録期限等について説明がありました。
 今年度は,特例適用専攻科となってから初めての学位申請となるため,出席した学生たちは熱心に説明に聞き入っていました。
20151007-2

健康管理に関する講演会を開催しました

2015年10月07日(水)

平成27年10月2日(金)に,本校産業医及び学校医でもある王子総合病院院長の大岩 均先生を講師としてお招きし,『職場におけるメンタルヘルスケア』の演題で,本校教職員を対象とした健康管理に関する講演会を開催しました。
仕事上におけるストレスの要因,ストレスをためないライフスタイル,労働安全衛生法改正に伴うストレスチェック制度の創設等についてご講演いただき,日頃からのメンタルヘルスケアの大切さを改めて認識しました。
また,日頃から疑問に感じていたメンタルヘルスケアの方法等の質疑応答も行われ,非常に有意義な講演会となりました。
本校では,今後も教職員の健康管理の取組の更なる充実を図っていきたいと思います。
20151007-1

本校学生が第15回CGコンテストで優秀賞・最優秀賞を受賞しました

2015年10月06日(火)

 2015年度精密工学会北海道支部学術講演会にあわせて8月29日に千歳科学技術大学で行われた、「第15回CAD/CGCAD/CGCAD/CGモデリングコテスト」において、本校機械工学科5年の渡邊和来君が最優秀賞を受賞しました。
 CAD/CGモデリングコンテストは、高専生や大学生がCADやCGソフトを利用して作った3次元モデルやアニメーション作品を審査し、制作されたモデル品質の高さと、モデリングに注がれた努力と情熱を讃えることを目的として行われているものです。
 渡邊君のモデリングテーマは腕時計(機械時計)。機械的な運動をしているところに重点を置き、歯車の伝動と時刻調節、主ぜんまいの巻上、定時的な運動の制御を表現しています。精密かつ写実的でありアナログ時計の精密さを良く伝えているところが評価され受賞しました。
 また、本校からM5白岩良介君、M4南岡和也君がそれぞれ優秀賞を受賞しました。

20151006-1

書道部がイオンモール苫小牧でパフォーマンスを行いました

2015年09月29日(火)

 9月19日(土)にイオンモール苫小牧で書道部が昼と午後の2回、それぞれ5作品ずつの書道パフォーマンスを行いました。
 今回は、男子学生による黒い用紙を使った豪快なパフォーマンス、上級生の女子学生による自分達で作った優美な扇型のちぎり絵の台紙を使ったパフォーマンス、全員が参加して大きな紙に「躍動」の文字を大書した文字通り躍動感溢れるパフォーマンスなど、自分達で考えて練習を重ねたパフォーマンスを大勢のお客様に見ていただくことができました。
 夏休みの最後の3週間は、毎週末にイベントが続くというとても厳しい日程でしたが、見に来て下さった皆様の温かい拍手を一番の励みに、若さとチームワークで何とか無事に乗り切りました。
 夏休み中の練習の成果と自分たちの成長を実感できるこのような機会を与えて下さいました皆様に感謝申し上げます。
20150929-1
20150929-220150929-3
20150929-420150929-5
20150929-6

保護者懇談会を実施しました

2015年09月24日(木)

 平成27年9月23日(水),本校において保護者懇談会を実施し,約600組の保護者が来校しました。
 担任との面談の他にも,黒川校長からの全体説明や平野キャリア教育センター長から「本校におけるキャリア教育」について講演が行われ,本校の教育活動や就職・進学事情等について説明がありました。
20150924-0120150924-0220150924-03

書道部が千歳のイベントに参加しました

2015年09月14日(月)

 書道部が、9月13日(日)に千歳市の「ちとせモール」で開催された千歳習字教育連盟主催のイベントで書道パフォーマンスを行いました。
 今回は、上級生も多数参加し、先週の低学年生を中心としたパフォーマンスとはまた違った、息の合ったパフォーマンスを大勢のお客様に見ていただきました。
 自分の通っている習字教室の先生の前でパフォーマンスを行った学生は、パフォーマンス終了後に習字教室の先生から作品の出来栄えを褒められて頬を緩めていました。
 パフォーマンス終了後の作品は、習字教室の諸先生の素晴らしい作品と一緒に、お店の中に展示させていただきました。
 また、子どもたちを対象にした大きな筆を使った体験コーナーでは、大勢の子どもたちの参加で賑わい、大変好評でした。
20150914-9
20150914-1020150914-11
20150914-1220150914-13

平成27年度北海道内高専寮生交流会が開催されました

2015年09月14日(月)

 9月10日(木)~11日(金)に北海道内4高専の学生寮の代表が集まる寮生交流会が苫小牧高専において開催され、本校からは男女各3名の寮生と6名の寮務関係教職員が参加しました。
 この交流会は、北海道内の各高専の寮生が一堂に集まり、それぞれ在寮中の勉学・生活状況等について情報交換を行うことにより、お互いの理解を深め、今後の寮生活に役立てると共に、集団生活におけるマナーについての知識を深めてもらうことを目的として毎年道内各高専の持ちまわりで開催されており、今年度は苫小牧高専が当番となりました。
 当日は、本校の寮生代表が司会進行を務める中、まず各高専の代表者が自分たちの寮の紹介を行い、その後、寮生活の中でのさまざまな事項について活発な意見交換が行われました。2日目には苫小牧高専蒼冥寮・楓和寮の居室や設備の見学や昼食バイキングなども行われ、寮生間の進行も深まり、有意義な交流会となりました。
20150914-120150914-2
20150914-320150914-4
20150914-520150914-6
20150914-720150914-8

書道部が紙フェスティバル2015に参加しました

2015年09月07日(月)

20150907-1
 9月6日(日)に行われた苫小牧市の恒例行事、紙フェスティバル2015に書道部が参加しました。
 今年も実行委員会事務局と道新苫小牧支社のご好意により、道新苫小牧支社のロビーを練習会場として使わせていただき、上級生の多くがインターンシップなどで不在のため、2年生の稲井君をリーダーとして、主に低学年の学生が中心になって、お盆明けから休日返上で連日練習を重ねてきました。
 大会当日は、「変革~一直線に前だけ向いて突き進め!~」というテーマで、午前と午後の2回にわたって約30分ずつ音楽に合わせた書道パフォーマンスを披露しました。大勢の観客が見守る中、勇壮な太鼓に合わせて個人で大きな筆を使って書き上げる作品、大きな壁に向かって一人一文字ずつ刷毛で書いてゆく作品、全員で協力して大きな作品を書き上げるパフォーマンスなど、文字、色、レイアウト、道具、曲目などを自分たちで考えた様々な作品を次々に完成させて行きました。
 そして、午後の部の最後には、高崎三絃会の8名の方々による津軽じょんがらの生演奏に合わせて、6m×3mの紙に11名で「鼓舞」という文字を大きく描いた作品を完成させ、観客の皆様からひときわ大きな拍手をいただきました。また、午後には子供たちを対象にした書道体験も実施しました。
 寮生の中には札幌や登別から通って連日の練習に参加した部員もいましたが、大きな達成感が得られた一日となりました。
20150907-220150907-3
20150907-420150907-5
20150907-620150907-7