お知らせ

平成29年度春季体育大会を実施しました

2017年06月27日(火)

平成29年6月21日(水)に春季体育大会を実施しました。
当日は生憎の曇り空でしたが、大きく天候が崩れることもなく全競技を無事終了することができました。
熱闘を制し、総合優勝を勝ち取ったのは機械工学科3年となりました。

平成30年度専攻科入学試験(学力)を実施しました

2017年06月26日(月)

平成29年6月24日(土)に平成30年度専攻科入学試験(学力)を実施し,電子・生産システム工学専攻5名,環境システム工学専攻3名が受検しました。

平成29年度寮祭が開催されました

2017年06月22日(木)

6月16日(金)、17日(土)学生寮において、平成29年度の寮祭が開催されました。
16日(金)は前夜祭を蒼冥寮(男子)と楓和寮(女子)でそれぞれ行い、開会式と自主制作ビデオ上映などが行われました。また、男子はビンゴ大会、女子はジェスチャーゲームやお絵かき伝言ゲームなどが行われ、景品が贈呈されました。
17日(土)は、体育館でバレーボール、障害物リレーやドッヂボール、グラウンドでは、ソフトボールを行い、汗を流しました。
恒例のジンギスカン昼食会は、男女合同でアイスホッケー場にて開催され、コーラ早飲み大会、アームレスリング、抽選会などで盛り上がりました。

本校演劇部が平成29年度 第40回苫小牧演劇フェスティバル「高校演劇祭」に参加しました

2017年06月12日(月)

 5月22日(月)・23日(火),本校演劇部が平成29年度 第40回苫小牧演劇フェスティバル「高校演劇祭」に参加しました。
 「高校演劇祭」には,本校含め市内の高校5校が集まり,それぞれ練習の成果を披露しました。本校は、部員の創作による「WITH」を上演。入部間もない1年生から5年生に至るまで力を合せ,一つの舞台を創り上げました。当日はたくさんの方々にご来場いただき,多くのあたたかい拍手を頂くことができました。まことにありがとうございます。
 なお,来年度は平成30年5月24・25日開催の予定です。

さくらサイエンスハイスクールプログラムでアジアの高校生が来校しました

2017年06月09日(金)

6月6日(火)に、さくらサイエンスハイスクールプログラムの一環として、インド、モンゴル、ラオスの高校生等43名が来校しました。
本校の概要説明の後、学内見学が行われ、図書館や実習工場といった教育施設のほか、測量実習、学生寮を見学しました。
半日間の短い時間でしたが、同世代の学習環境・学生生活を知る貴重な機会となったようです。

北海道庁にて道内高専のロボコン及び研究活動に関する展示会を開催しました

2017年05月31日(水)

 5月25日(木)・26日(金)の2日間にわたり、札幌市の北海道庁1階「道民ホール」にて、道内4高専と北海道との包括連携協定に基づく事業である「北海道内工業高等専門学校のロボコン及び研究活動に関する展示会」を開催しました。
 会場では、昨年開催された高専ロボコン北海道地区大会の様子や道内4高専の研究・地域連携に関する取組みを紹介するポスター展示等を行い、2日間で延べ600人を超える方々の目に触れ、盛況のうちに幕を閉じました。

防災訓練を実施しました

2017年05月22日(月)

 5月17日(水)に平成29年度の防災訓練を実施しました。今年度は,11時50分に浦河沖を震源とする地震が発生し,校内で火災が発生したとの想定で,全学生・教職員の避難訓練のほか,消火訓練,救助・救護訓練などがおこなわれました。

平成30年度専攻科入学試験(推薦)を実施しました

2017年05月22日(月)

 平成29年5月20日(土)に平成30年度専攻科入学試験(推薦)を実施し,電子・生産システム工学専攻13名,環境システム工学専攻9名が受験しました。

学生寮で母の日のカーネーションが贈られました

2017年05月16日(火)

 5月15日(月)に母の日にちなみ、学生寮で働く女性(教職員、厨房の調理師、清掃作業員の方など)に日頃の感謝を込めてカーネーションが贈られました。
 寮生会の執行部の学生が、感謝の言葉とともに、それぞれ1本ずつ手渡しました。

学生寮でシューター訓練・前期避難訓練を実施しました

2017年05月16日(火)

 5月8日(月)、新入寮生を対象としたシューター訓練を実施しました。4~5年生の指導寮生が2棟3・4階に設置してあるシューターを投下・固定し、新入寮生は指導寮生からアドバイスを受けながら、学生寮2棟3階と4階からの降下訓練を行いました。

 9日(火)には寮生全員による避難訓練を実施しました。訓練は学生寮1棟3階の補食室から16時50分に出火したという想定で行われ、出火場所の確認、通報、非常放送を行い、指導寮生の誘導のもとに、グラウンドへ避難しました。全寮生の避難まで数分程度と迅速に行われ、点呼により安否確認を完了しました。その後、見藤寮務主事から、災害はいつくるか分からないので留意するよう等の講評があり、避難訓練は終了しました。
 また、避難訓練終了後に、グラウンドにおいて新入寮生を対象とした消火訓練も行われました。