専攻科 カリキュラム・ポリシー

 専攻科では,ディプロマ・ポリシーにて掲げた人材を養成するため,下表に掲げたカリキュラム設計方針に基づいて教育課程を編成し,実施します。専攻科は,機械工学科,電気電子工学科,情報工学科を基盤としている電子・生産システム工学専攻と物質工学科,環境都市工学科を基盤としている環境システム工学専攻からなる。両専攻の目的に照らして必要な科目群を選定し,これらの科目群を体系的に履修できるように配置します。

修得する能力に対するカリキュラム編成方針

修得する能力 カリキュラム設計方針
(A)教養:地球的視点で自然や環境を考え,歴史,文化,社会などについて広い視野を身につける。 社会科学および人文科学に関する知識,概念および方法論を身につけ,多様な観点から地球環境や社会について考える能力を養う。
「主要科目」:現代日本経済論,中国文化論,技術者倫理
(B)倫理と責任:技術者としての倫理観や責任感を身につける。 技術者倫理,関係法規,安全管理,リスクマネージメント等の知識を身につけ,これらの知識に基づいて,技術が自然や社会に与える影響および現代社会における技術の問題を認識し,技術者としての社会的責任を考える能力を養う。
「主要科目」:技術者倫理,品質システム工学
(C)コミュニケーション:日本語で記述,発表,討論するプレゼンテーション能力と国際的な場でコミュニケーションをとるための語学力の基礎能力を身につける。 プレゼンテーションおよび討論に関する能力,日本語による論理的な文章の記述能力,英語の読解力およびコミュニケーション能力を養う。
「主要科目」:応用英語Ⅰ,応用英語Ⅱ,日本語表現法,現代日本経済論,中国文化論,異文化コミュニケーション,学外研修,特別演習,特別研究Ⅰ,特別研究Ⅱ
(D)工学基礎:数学,自然科学,情報技術および工学の基礎知識と応用力を身につける。 数学,自然科学の基礎的な問題を解く能力,情報技術に関する知識を活用する能力およびそれらの基礎知識を応用して工学的問題を解決する能力を養う。
「主要科目」:応用数学特論Ⅰ,応用数学特論Ⅱ,熱統計力学,ライフサイエンス,量子論,マルチメディア工学,防災工学,寒地環境工学特論
(E)継続的学習:技術者としての自覚を持ち,自主的,継続的に学習できる能力を身につける。 主要科目を含む専攻科の全科目により,技術の変化に関心をもち,自主的に新たな知識や適切な情報を獲得し,工学知識,技術の修得を通して継続的に学習する能力を養う。
「主要科目」:特別研究Ⅰ,特別研究Ⅱ
(F)専門の実践技術:ものづくりに関係する工学分野のうち,得意とする専門領域を持ち,その技術を実践できる能力を身につける。 専門分野の基本的な問題を解く能力,与えられた課題に対して問題点を認識し,解決案を考え,そのための実施計画を立案,実行する能力および実施結果を分析し,期限内にまとめることができる能力を養う。
「主要科目」:学外研修,特別実験,特別演習,特別研究Ⅰ,特別研究Ⅱ
【電子・生産システム工学専攻】流体力学,材料システム工学,エネルギー変換工学特論,応用計測工学,ロボット工学,符号理論,情報ネットワーク工学,ハードウェアシステム設計,センサ工学
【環境システム工学専攻】有機材料工学,水理学特論,固体力学特論,流体力学,地盤工学特論,道路工学特論,セルロース工学,生物機能工学,プロセスエンジニアリング
(G)複合領域の実践技術:他の専門領域も理解し,自身の専門領域と複合して考察し,境界領域の問題解決に適用できる応用技術を身につける。 複数の専門領域の基礎的な実験ができる能力,複数専門領域の知識と技術を複合し,創造性を発揮して解決を図る能力および境界領域を認識する能力を養う。さらに防災工学において,苫小牧の地域性を考慮した災害の特徴を理解し,自身の専門分野の知識を防災に関して活用する能力を養う。
「主要科目」:創造工学,防災工学,特別実験,特別演習
(H)社会と時代が求める技術:社会や時代が要求する技術を認識し,それらを応用してシステム化や製品化するデザイン能力,開発能力,とりまとめ能力を身につける。 社会が要求する技術課題を広い視野でとらえ,与えられた条件下でより良い設計や解決案を立てる能力を養う。また,寒冷地でのエネルギー・環境技術の現状と課題および将来動向について概説できるようにする。
「主要科目」:エンジニアリングデザイン,寒地環境工学特論,学外研修,特別演習
(I)チームワーク:自身の専門領域の技術者とは勿論のこと,他領域の技術者ともチームを組み,計画的かつ円滑に仕事を遂行できる能力を身につける。 グループ内の複数の意見を集約して,実行へ移すための計画案を提案するリーダーとしての能力および共同作業において協調性を養う。
「主要科目」:創造工学

 これらの科目群に係る単位修得の認定は主に定期試験によるものとしますが,科目等によっては,レポートや実技の評価結果により認定する。授業科目の成績は,下記の基準により評価します。

講義・演習・実験・実習

  • 平常評価と期末評価を総合して評価します。なお,演習・実験・実習では平常評価のみでも行うことができるものとします。
  • 平常評価は,小テスト,ミニレポート(宿題),平常の発表等で行います。
  • 期末評価は,定期試験,レポート,期末発表等で行います。
優(100~80点) 修得した基礎的・専門的知識や技能を応用できる
良(79~70点) 基礎的・専門的知識や技能を修得している
可(69~60点) 最低限必要な基礎的知識や技能を修得している
不可(59~0点) 最低限必要な基礎的知識や技能を修得していない