お知らせ

本校教員の受賞について

2019年09月05日(木)

 情報科学・工学系の大西孝臣准教授,吉村斎特任教授,阿部司教授,稲川清教授が名古屋大学,北海道立総合技術研究機構と共同執筆した実践論文『工業高等専門学校の学生に対する形式手法B-Methodの学生実験の実践』が,情報処理学会ソフトウェア工学研究会の中心的な研究発表の場であるソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2019 (IPSJ/SIGSE-SES2019)の最優秀論文賞の受賞論文に採択されました。
 https://ses.sigse.jp/2019
 形式手法は,安全なソフトウェアシステムやその他システムを開発することを目的とするIoT技術・組込みシステム技術を支える技術分野の1つで,当論文においては,これまで前例が無かった高専本科生に対する形式手法の教育実践とこの実践によって得た知見について報告しています。