お知らせ

国際会議4th STI-Gigaku2019での受賞報告

2019年12月05日(木)

11月8日(金),9日(土)長岡技術科学大学が主催する国際会議第4回 STI-Gigaku 2019 (4th International Conference on ”Science of Technology Innovation” 2019)が長岡技術科学大学構内で開催されました。同国際会議のポスターセッションにて,本校電子・生産システム工学専攻2年の熊谷真行さん(指導教員 大橋智志准教授)が「Evaluation of muscle potential in upper limb muscles during wheelchair driving by one hand drive.」のタイトルで発表を行い,BEST POSTER AWARDを受賞しました。この研究では,これまで存在しなかった片手駆動の車椅子を搭乗者が実際に動作させた時に生じる身体への影響を評価しました。
 本研究は,2019年度「高専-長岡技科大共同研究」に採択された共同研究課題「片手駆動による直進可能な競技用車いす走行時の筋活動状態評価」を長岡技術科学大学の塩野谷明教授のグループと共同で進めており,塩谷教授のグループが測定機器の提供や測定の補助を担当し,本校の熊谷さんがデータ解析を担当しました。熊谷さんは「実験の手順の組み立て方や,評価の対象となる物理量として何に注目すべきか,また,どのような条件で動作させることが有益な情報をもたらすのかについて,導くことが難しかった」と感想を述べております。