お知らせ

有馬隆司 准教授が理論応用力学講演会・応用力学シンポジウムにおいて講演賞を受賞しました

2019年12月10日(火)

 第65回理論応用力学講演会・第22回土木学会応用力学シンポジウム(北海道大学,2019年6月28日~30日)において,総合自然科学系の有馬隆司准教授が講演賞を受賞しました。
 発表題目は「分子内部運動の緩和を伴う多原子分子・希薄気体の力学 -拡張された熱力学の展開-」で,多原子分子希薄気体における非平衡現象を記述する新しい熱力学理論の提案と波動伝播解析への応用を行ったものです。本発表は,Bologna大学のTommaso Ruggeri教授と名古屋工業大学の杉山勝教授との共同研究を基にしたものです。