お知らせ

本校甲野教授が所属する研究グループが「日本応用糖質科学会 技術開発賞」を受賞しました

2020年09月15日(火)

 この度、伊藤忠製糖㈱(本社:愛知県)と全国4高専(苫小牧、一関、福島、沖縄)による研究コンソーシアムは、βグルカンに関する構造や機能性などに関する多角的な研究、およびその他社会貢献活動が評価され日本応用糖質科学会の技術開発賞を受賞致しました。 
 2016年度より全国4高専(苫小牧、一関、福島、沖縄)と伊藤忠製糖㈱は協力して研究コンソーシアムを形成し、βグルカン素材※に関する分子構造、機能性評価、アプリケーションについて多角的な研究を行い、実績を上げてきました。
 また、この研究体制から派生して、同社商品の沖縄高専生によるコラボデザイン商品を琉球エアコミューターの機内にて販売しており、売上げの一部を沖縄県のサンゴ礁保全活動に寄付する活動も行っております。
この度このような産学連携の理想的なモデルが評価され、日本応用糖質科学会2020年度大会において技術開発賞を受賞致しました。

※βグルカンは免疫賦活作用がある素材として注目されており、伊藤忠製糖㈱は水熱処理という技術を用いた水溶性が高く高純度なβグルカン素材(商品名:クルルのβグル)を製造しております。

 今後も苫小牧高専は企業との産学連携を推進していきます。