本科 カリキュラム・ポリシー

 ディプロマ・ポリシーに掲げた能力を育成するため、一般科目において自然科学および人文科学に関する基礎学力、情報処理能力を養うとともに、各専門系では、それぞれ、機械、都市・環境、応用化学・生物、電気電子、情報科学・工学に関する実践的基礎能力を培うための専門科目を配置します。また、高学年次では、各専門系を専門コースとフロンティアコースに別け、専門コースでは工学分野の深い知識を養うための専門科目を配置し、フロンティアコースでは、工学的知識に加えてマネジメント感覚を培うためのビジネス系基礎科目を配置します。

  1. 実践的技術者に必要な科学的基礎知識とリベラルアーツを習得できるように
    (1)科学的基礎知識を身につけるために数学、物理や化学などの自然科学系科目および基礎情報系科目を設け、講義や演習を主とした学修方法により展開する。
    (2)幅広い教養を身につけるために人文社会系科目を設け、講義を主とした学修方法により展開する。
    (3)初年次に専門導入とキャリア教育を行う科目を設け、講義や演習を主とした学修方法により展開する。
  2. 各系の工学的専門基盤知識、および実験・実習および演習・実技を通してその知識を社会実装に応用・実践できる力を身につけられるように
    (1)系ごとの専門基盤知識を身につけるために、専門分野に対応する専門科目を設け、講義や演習を主とした学修方法により展開する。
    (2)応用・実践力を身につけるために、専門分野に対応する実習科目および課題解決型授業を実施する科目を設け、実験や実習を主とした学修方法により展開する。
    (3)高学年次に卒業研究またはフロンティア研究を設け、総合的な学修方法により展開する。
  3. 注:系ごとの専門分野
    機械系:製図、機械設計、力学、熱流体、工作、材料、情報処理、計測制御
    都市・環境系:測量、材料、構造、地盤、水理、環境、計画、施工・法規、製図
    応用化学・生物系:有機化学、無機化学、分析化学、物理化学、化学工学、基礎生物、生物化学、生物工学に加えて機能材料又は食品・生物化学を含む応用化学・生物化学
    電気電子系:電気回路、電磁気、電子回路、電子工学、電力、計測、制御、通信工学
    情報科学・工学系:プログラミング、ソフトウェア、計算機工学、コンピュータシステム、システムプログラム、情報通信ネットワーク、情報数学・情報理論、組込みシステム

  4. 課題の本質を理解し、正しい倫理観の下で、自分の意見を論理的に表現できる力を身につけられるように
    (1)倫理および技術者倫理に関する内容を扱う科目を設け、講義を主とした学修方法により展開する。
    (2)高学年次に卒業研究またはフロンティア研究を設け、総合的な学修方法により展開する。
  5. 他者を理解・尊重し、協働できるコミュニケーション能力と人間力を身につけられるように
    (1)集団として協調・共同を促す行動についての理解を深める科目を設け、演習を主とした学修方法により展開する。
    (2)実習科目等において、グループワークを取り入れた学修方法を展開する。
  6. 国際的素養を有し、継続的に自ら学ぶ力
    (1)外国語(英語)科目を設け、講義や演習を主とした学修方法により展開する。
    (2)高学年次に卒業研究またはフロンティア研究を設け、自主的な学修・研究を展開する。
  • 成績評価方法に関する方針
    1.講義科目においては、科目ごとの到達目標を設定し、演習・レポートなどの平常の取り組みや定期試験の結果を総合的に勘案し、到達目標に対する到達度を評価する。
    2.実技・実験・演習科目においては、課題への取り組み状況、レポート、発表などを総合的に勘案し、到達目標に対する到達度を評価する。
    3.卒業研究においては、研究成果をまとめた論文、研究発表、取り組み姿勢などを総合的に勘案し、到達目標に対する到達度を評価する。
  • 成績の評価および評価認定基準
    成績は100点法によるものとし、60点以上を合格とし所定の単位を認定します。成績評価の評語は次の基準によるものとします。
評価 点数
90~100点
80~89点
70~79点
60~69点
不可 60点未満