お知らせ

学生寮でシューター訓練・前期避難訓練を実施しました

2019年05月17日(金)

 5月13日(月),新入寮生を対象としたシューター訓練を実施しました。4~5年生の指導寮生が2棟3・4階に設置してあるシューターを投下・固定し,新入寮生は指導寮生からアドバイスを受けながら,学生寮2棟3階と4階からの降下訓練を行いました。
 翌14日(火)には寮生全員による避難訓練を実施しました。訓練は学生寮4棟1階の補食室から16時50分に出火したという想定で行われ,出火場所の確認,通報,非常放送を行い,指導寮生の誘導のもとに,グラウンドへ避難しました。全寮生の避難まで数分程度と迅速に行われ,点呼により安否確認を完了しました。その後,山際寮務主事から,災害はいつくるか分からないので留意するよう等の講評があり,避難訓練は終了しました。
 また,避難訓練終了後に,グラウンドにおいて新入寮生を対象とした消火器の操作訓練も行われました。
【シューター訓練】

【避難訓練】

学生寮で母の日のカーネーションを贈りました

2019年05月15日(水)

 学生寮で母の日のカーネーションを贈りました
 母の日にちなみ,5月8日(水)から10日(金)にかけて,学生寮で働く女性(寮母,教職員,厨房の調理師,清掃作業員の方など)に日頃の感謝を込めて,寮生会の執行部の学生が,感謝の言葉とともにそれぞれ1本ずつ手渡しました。

平成31年度授業参観を実施しました

2019年05月15日(水)

 5月14日(火)に授業参観を実施しました。
 本校では平成27年度より,保護者の皆さまに授業の様子等をご覧いただく機会として授業参観を
実施しており,今年度は約230名の来校があり,ご好評を賜ることができました。
 また,全学年の保護者の方を対象に,クラス保護者懇談会を実施しました。

書道部がイオンモール苫小牧で書道パフォーマンスをしました

2019年05月09日(木)

 書道部が,4月28日(日)11時からと13時30分からの2回,イオンモール苫小牧で書道パフォーマンスを行いました。「令和」や万葉集の歌などを題材としたところ,午前の部,午後の部とも1階・2階に多数の来場者がつめかけ,大きな拍手を頂きました。ご覧いただいた皆様,ありがとうございました。

平成31年度第1学年オリエンテーションを実施しました

2019年04月26日(金)

 平成31年4月18日(木)から19日(金)の2日間,洞爺サンパレスホテル(洞爺湖温泉)において,第1学年オリエンテーションを実施し,学生・教職員合わせて216名が参加しました。
 この行事は,「(1)高専生活をスタートする上での生活や学習上の注意点を理解する。(2)学校生活の目標を定める。(3)クラス・学年の親睦を図る。」ことを目的に実施されております。
 開講式の後,国立日高青少年自然の家南氏による「コミュニケーションゲーム」に続き,北海道警察サイバーセキュリティ対策本部中村氏による「SNS 等に関する講演会」,先輩学生から「キャリア講演会」が行われました。 
 2日目は保健室からの話に続き,1年生からの質問に対する先輩学生からの回答,学生主事の講話などが行われ,学生は普段と違った環境の中,真剣に行事に取り組み,クラスを超えた交流も深まりました。

学生寮で入寮式・新入寮生歓迎会が行われました

2019年04月10日(水)

 平成31年4月2日(火)15時より,入学式に先立って本校学生寮において入寮式が行われました。第1学年男子58名,第1学年女子11名,第3学年へ編入する留学生3名,合わせて72名が入寮しました。山際寮務主事から入寮許可宣言のあと,在寮生を代表して男子寮・女子寮それぞれの寮長が歓迎の言葉を贈り,新入寮生代表がこれからの決意を込めて宣誓を行いました。
 また,引き続き,新入寮生及び保護者の方々を対象として,全体説明会が行われ,学生寮担当教職員,指導寮生の紹介や寮生活における注意事項等の説明がありました。
 この日から新入寮生達は,それぞれの夢の実現のため,学習環境の整った蒼冥寮・楓和寮での生活をスタートしました。
 また,4月4日(木)には,新入寮生歓迎会を楓和寮は18時から多目的ホールで,蒼冥寮は19時から食堂で行いました。どちらも例年どおり校長先生,寮務主事,寮長,指導寮生の挨拶,新入生の自己紹介等が楽しく行われ,楓和寮ではビンゴゲームなども楽しみ,盛会のうちに終了しました。

入寮式・全体説明会

新入寮生歓迎会

平成31年度入学式を挙行しました

2019年04月08日(月)

 4月3日(水),本校第二体育館において平成31年度入学式を挙行しました。
 今年度の新入生は,創造工学科の1学年199名,3学年に入学する留学生3名,専攻科に入学する26名のあわせて228名です。御来賓・保護者の見守るなか,入学許可,新入生代表(1年5組奥寺 巧記君,電子・生産システム工学専攻1年 小林 晃大君)による宣誓,黒川校長の式辞があり,御来賓の岩倉苫小牧市長,苫小牧高専後援会副会長 平澤様から祝辞をいただきました。

ソフトウェアテクノロジー部がHOKKAIDO学生アプリコンテスト2019で受賞しました

2019年03月27日(水)

 ソフトウェアテクノロジー部の部員9名が,2月22日(金)にTKPガーデンシティ札幌駅前で行われたHOKKAIDO学生アプリコンテスト2019の最終審査に参加しました。本コンテストには28チームからアプリの応募があり,当日は書類選考を通過した本校を含む10チームからアプリのプレゼンテーションが行われました。
 本コンテストはモバイルアプリケーションの企画力,デザイン力,プログラム力を有する学生を表彰することにより,学生のモバイル分野に対する関心を高め,次代を担う高度なモバイルIT人材の発掘・育成に寄与することを目的として,北海道経済業局が主体となり2013年に開始されました。
 専攻科学生がメンターの役割を担い,ソフトウェアテクノロジー部の学生で構成されたチームでアプリ「Emoji SANPO」を企画,設計,実装を進めていきました。
 最終審査では,https://speakerdeck.com/mktakuya/hmcc2019-emoji-sanpo の資料に沿ってプレゼンテーションを行ったところ,INDETAIL賞を受賞することができました。また,アプリに関する講評をその場でいただくことができ,着想が新しいという絶賛の言葉をいただきました。

苫小牧地域産学官金連携セミナーにて本校奥山助教が講演しました

2019年03月26日(火)

 3月22日(金)に苫小牧経済センターにて,苫小牧地域産学官金連携実行委員会が主催する苫小牧地域産学官金連携セミナー「放電プラズマの可能性を考える」が開催されました。
 これは,ものづくりの素晴らしさを伝え,ものづくりのヒントとしていただくべく開催されたセミナーで,本校創造工学科電気電子系 奥山 由 助教が「電気電子系のマイコンものづくり教育と放電プラズマに関する研究」と題してマイコンとはどのようなものか,現在放電プラズマについてどのような研究が行われているかを講演されました。
 当日は,40名近くの来場者が集まり,約2時間の講演に熱心に耳を傾けていました。

卒業式・修了式を挙行しました

2019年03月18日(月)

 3月15日(金)10時より、苫小牧市民会館において第51回卒業証書授与式・第15回専攻科修了証書授与式が行われました。
 教職員、御来賓、保護者各位の見守る中、本科卒業生198名、専攻科修了生24名が証書を授与されました。
 授与式終了後にはグランドホテルニュー王子に場所を移して、祝賀会が開催されました。